dog breeder
WANCOLOGY
 
 
📨 dog@wancology.net

当犬舎の紹介・考え
     ■HOME
          ■お問い合わせ
                  
■当店とオーナーの紹介■

当店はブリーダー歴30年、親子2代にわたってブリーダーをしてきました。
今までにブリーディングしてきた犬種は、シーリハムテリアペキニーズ
アメリカンコッカースパニエル、チワワ、マルチーズ、パグ、フレンチブルドッグ、ミニチュアダックスフント、トイプードル他
ポメラニアン、ブルドッグ、シーズー、ニューファンドランドなどの大型犬等・・・20犬種以上の
ワンちゃんたちと関わってきました。
現在は、シーリハムテリアペキニーズを中心に少ない犬種で質の高いワンちゃんの
ブリーディングを目指しています。
私(オーナー)は、子供のころからワンちゃんに囲まれて暮らしてきましたので
本当の家族同然で育てています。
もちろん、成犬、子犬の健康管理、飼育環境には気をつけていますし
子犬の展示販売(ショーケース展示)をしないことでストレスやウイルスからも守っています。
また、子犬はお客様にお渡しまで(生後50~60日)お母さんと一緒にいますので
大事な社会化期も兄弟犬や親犬との遊びの中でしっかり覚えてくれますので安心です。
こんなこだわりのあるワンちゃんたちに是非会いに来てください。
お店は、お電話でご予約後、お越しいただけるようにお願いいたします。
手作りのログハウス風のお店でワンちゃん達とお待ちしております。
(注)お店にお越しの際はウイルス予防のため他のペットショップさんやブリーダーさんに
立ち寄らずにお越しください。
※当店は、家庭動物販売士2級の資格を持った、専門知識のあるブリーダーが
じっくりとお話してワンちゃん選択のお手伝いをさせていただきます。

■不妊・去勢手術について■

現在、不妊・去勢手術は望まない妊娠を避けるというより性ホルモンに関係した
疾病を避けるためや性行動などの問題行動を止めさせるために行われています。
(メスの場合、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、オスの場合も前立腺の病気やマーキング等の
問題行動があります。)
手術をすることによって病気にかかる可能性を低くする事や、マーキング、マウンティング等の
性行動をなくすことによるストレスの除去ができます。
デメリットとしては麻酔を使うこと、肥満になりやすいこと等がありますが
カロリーを抑えた食事で体重は抑えられます。
餌の量も抑えられるので逆にメリットかもしれません。
当店は、望まないワンちゃんを作らないためにも不妊・去勢をお勧めします。

■男の子、女の子の飼いやすさの違いについて■

よくご質問いただくのですが、男の子と女の子どちらが飼いやすい?
どちらが性格的に穏やか?
ですが、正直どちらとも言えないと思います。
男の子はマーキング、女の子は生理がありますが不妊去勢手術をされれば問題はありませんし
性格も犬種によって多少の差はあるかもしれませんが、男の子だからキツイのではないか?
女の子は大人しい?ということは言えないと思います。
飼い主の愛情のかけ方、躾けも非常に大事になってくると思います。
シーリハムテリア ブリーダー 犬舎 格安 限定 飼いやすい犬 東海のペットショップ 名古屋のペットショップ 愛知のペットショップ 

copyright ©2003 WANCOLOGY All right reserved
since2003